10 | 2017/11 | 12

-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

yamy

Author:yamy

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

体重管理。

-体重的な話
妊婦は体重増えすぎないようにとか、順調に体重増えるようにとか、体重のことをしょっちゅうあれこれいわれるわけで、じゃあ自分はどうだったかというとすごく順調^^でした。……中盤までは。

中盤過ぎて、出産が迫ってきたころから体が出産準備に入ったらしく、水分をためこむためこむ。体重が増えまくる。それでまでむくみとかなかったのにえらいむくんできて、足が水分でぱんぱんになる。肉だと全体につくし、脂肪のつきやすい部分ってのはあるのだけど、水分で増えるときは下半身にたまるので足の甲とかがふくらんでむくみまくり。

それどころかお腹の子供の位置が出産に向けて下がってきて骨盤に刺さってきちゃうので、それまで圧迫されてなかった内臓に負担がっ。具体的にいうと腸の中を物が通る時に激痛が走るようになって、物が通過するまで部屋の中をほんの5 m移動するのに5分かかるくらい激痛で動けない。息が浅くしかできない。これはきつい。

早く出てきてーと思うものの、かといって早く出てこられても困るし、予定日の二週間前くらいからそんな感じでじわっと地獄。

血圧はもともと低めで上が90-100くらいだったのが妊娠後期には110-120くらいになりました。これもともとが高めの人は本当に危険なのだと思う。素人にはお勧めできない。

そして運動した方がいいとか言われて出産直前にあちこち歩き回りました。これもしんどかった。運動不足ってのもあるだろうが、体重が15 kgくらい増えてるのにむりむり。あれ。……今、母子手帳確認したら19 kgくらい増えてたみたいだったわー。あばばばばば

……いや、無理。増えすぎ。ラスト8週で8 kgくらい増えとるがな。ヒュルリラ~


-寝るときの工夫
膨らんでぱっつんぱっつん状態のお腹。ずっしり重い推定10 kg程度の腹。これを寝るときにどうするか。これが妊婦の課題の一。立った状態では骨盤の上にちょうど乗ってくれるし、腹帯もサポート可能なのでそれほど無理なくいけるわけだが、寝るとなると骨盤の支えは無意味。

仰向けで寝るということは、米袋を一つ腹の上に載せて寝るようなものであり苦しいことこの上ない。

うつ伏せで寝るということは、バランスボールの上で寝ることを意味し、またそのボールに過負荷を与えて破裂させるわけにはいかない以上、この選択肢は消える。

ならば横向き?と思うが、普通に横向きになると右を向けば右に推定10 kgの荷重がかかり左の腹の皮が猛烈に引っ張られて痛くなる。左に向けば、今度は右の腹の皮がっ!さあ、どうする!

というわけで、クッションソファー使いました。上で横向きに寝るとお腹の形に支えになってくれて、それほど痛くなく朝を迎えられました。抱き枕などを使う人もいるみたい。座布団とかでもいいのではないかな。横向きに寝て、腹の下側に支えになるやわらかなクッション等を入れて寝るのがよかった。あれ。なんか普通だな。普通。いい響き。ぬはははは。

このくらいお腹が大きくなってくるとししゃもの気持ちがわかる気がしてくるのである。
スポンサーサイト

Comment


        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。