10 | 2017/11 | 12

-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

yamy

Author:yamy

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ベビーサークルとチャイルドロック。

赤子がハイハイを始めてからというもの、調理中などで手を離せないときにあちこち移動して妙なものを口に入れようとしたり、寝ているすきに引き出しやらなにやらあちこちひっぱってみたり、気づいたら足もとに来ていて踏みそうになったりと危ないことこの上ない。

その上、いたずらしまくりでえらいことに。

昼寝させていて一緒に寝てしまい、起きると部屋中に散らばる赤子の衣装。これは朝起きた時にもやられてたことがあり通算三回。

朝起きると台所まで出張していたらしく、床一面のホワイトココア

朝起きると押入れが開いており、中にしまってあったカード類が部屋中に散乱

寝起きに部屋が壊滅的な汚れ方をしてる時のストレスときたら筆舌に尽くしがたく、生まれて初めて血圧が一気に上がるのを感じた。起きるなり掃除である。ぐぎぎぎぎぎぎ……今、思い出すだけでも血圧上がる。

これにはまいった。このままでは一緒に生活できない。早晩ストレスでどうにかなる。と思ってたところ、年長者からありがたいアドバイスが。

チャイルドロック使うといいよ!」

なんじゃそりゃー?と思って調べてみると、開けられたくない引き出しに装着してつかうロックで赤子レベルの知能と力ではあけられない対赤子用専用ロックであるらしく、通販してしまった。また、通販サイトで調べていると調理中など手を話せないときに赤子を安全に遊ばせておくといいとかでベビーサークルなる室内用の柵もあるらしく、これも注文してしまった。しかも二個。二つ分つなげるとかなり広く使える。柵にはおもちゃも付いており、音が出たりもするのでより一層遊びやすい。

これらはすごく役に立った。なかったらどうなってたことか。両方とも三歳くらいまで使い倒した。先人の知恵が結集した製品だと思う。地獄に仏とはこのことである。ありがてえありがてえ。なまんだぶなまんだぶ。

チャイルドロックの方は開けるところを見せると開け方を覚えてしまうので絶対見せずに開錠しなければならない。目を離すとロックにかじりついて、どうやったら開けられるか必死にトライしている赤子がいたりするのである。まったく油断も隙もない。などといいつつ、開かないと思っていれば必死に頑張るわが子の姿に「がんばれー」などと影から声援を送りながら、にやにやする余裕まで出てくる。ゲンキンなもんである。えへへ。

ちなみに、部屋中にまき散らされていた衣装が入っていた引き出しは綺麗さっぱり中身が取り出されており、代わりに本人お気に入りの小さなおもちゃが入れられていた。やつらの思考回路は

自分の服が入っている入れ物→自分のもの→いいこと思いついた!宝物を入れよう!→じゃあ、中身出さないとね!

である。こうやってテリトリー意識を持ち始めるのかもしれないが、片付かないのは困る!という親との開戦の合図でもある。人生はサバイバルゲーム。テリトリーは大事。子供にとっても大事なので、子供が大事なものを大事にしまう場所も必要。だが収納場所を作ってあっても、隣の芝はすごく青く見えるのが子供なのである。

こっちの入れ物よりあっちの入れ物の方がいいな。→いいこと思いついた! vs ヤメテ!もうヤメテー!

教訓:あいつらがいいこと思いついた顔のときはたいていろくでもないことを思いついてる。オソロシイコ!
スポンサーサイト

Comment


        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。